ティンパニ修理

学習発表会は、晴れの舞台です

我が家にも、小学3年の息子がおりまして。


大勢の観衆の前で舞台に立つ経験と言うのは、とても良い経験になると普段から思うわけでして。

つまりこれが晴れの舞台と言うわけですね

親心からすると、どのような役回りであっても
我が子が一番キラキラ輝いてみえるのです

我が社は音楽に携わっておるわけですが、
音楽の発表においては、できれば良い音が聞こえることが望ましいわけでして

で、その良い音ってのは、どのような音が良い音なのか指導されてる先生もご存じない様です

そのあたりを今日は少し触れてみます

まずは練習の段階ですが、教室のオルガンの鍵盤が下がったままですと、当然にキチンと弾ける状態ではありませんので、練習に差し支えます 

これは早めに直しましょう

最近の機種は分解が面倒ですが、昔の機種は簡単でした。

部品も高価ではありません。
次にボンゴです。

皮が破れていれば、当然にテンションを上げられませんし、良い音は得られません。

古い物だとプリテンションヘッドが無い場合もありますが、基本的に当社では1枚皮の物をお預かりした楽器に合わせて作ります。

この写真の場合
もともとの皮より厚手の物になりましたので
音がとても良くなりました。
続いて、そのまま使用するには危険が伴い
早急に対策が必要なものです

鉄琴の斜めステーが折れているため交換が必要なケースです

大変申し上げにくいのですが、折り曲げ部の
曲げ方が悪いため経年劣化が早いです。

折り曲げ機の型枠が悪いのだと思いますが
メーカーは何とも思っていないようなので
部品を交換することで対応する他にありません。

このまま使用するとフレームが折れ曲がり
大きな故障に繋がる他に、怪我などの心配もあります。
スネアドラムです

こちらは昭和57年の楽器でしたが
ストレイナー取り付け部のネジ穴ピッチが現行品と同じでしたので、現行品と交換しました。

古い物なので部品は無いから直せません
と簡単に言う業者もありますが
良く調べてチャレンジして、それから言うべき言葉かなと思うわけです
同じスネアのヘッド交換ですが

ヘッドですら、もう部品が無いから新しい楽器を買ってくださいと、平気で言う楽器屋もあると言うので、驚きを隠せません
と言うか、ヘッドですら部品が無いと言うならば
もう楽器屋を廃業したら?と思うわけですね
そして響き線

これなんかは、絶対に何とかなる部類ですので
何としてでも直せ、
部品が無いと宣う業者には強気で当たるべきですね

もし高額な見積もりを出してきたら、
他を当たります。返してください
で充分だと思います。
直せないわけではなく
売りたいわけですね。たいていの場合。

物には魂が宿ってます

物を大切にする。
そこから得られる教育的な要素は
これからの時代に必要なことではないでしょうか?

学校で買う物は、全て皆さんの税金で購入されるわけでして。
税金を大事に有効に使うよう導くことも企業としての社会的使命であります。

と思うのですが…

0 コメント

今日お越しになったお客様のこと

今日お越しになったお客様

近隣の町にお住まいの陸上自衛隊隊員とのこと。

先日の地震の際、最前線で救出活動の任務についておられたとのことで、修理の間いろいろお話を伺うことができました。

地震発生直後、すぐに着替えて部隊へ急行されたそうです。これは命令ではなく「当たり前のもの」として普段から通達されているそうです。
30分以内で部隊に到着して、すぐに待機命令が下されたのち、各地から寄せられる情報に基づいて、班を編成して次々と出動されたそうです。

お客様は最も被害が重大だった地域で任務に当たられてたとのことです。

24時間体制で任務当たる休息の場は、トラックの荷台に体育座りで仮眠をとったり、簡易的なレトルト食品で空腹を満たしたり。
避難所に来られた方々は不安な生活を過ごす中、
少しでも快適に過ごせる様にと従事されたそうです。

我が家近くの小学校でも、自衛隊さんがお風呂のテントを設営してくれたり、給水活動をしていたり。
あれだけの地震に遭遇して、いろいろな困難がありましたが、自衛隊隊員さんにも家族がおられるわけですし、当然に自らも被災者と言えるわけですが、任務とはいえ自分自身のことは後回しにし被災地に向かうというのは、普通の精神ではなかなかできることではないと、お客様からお話を聞いて思った次第です。


0 コメント

バリトンサックス倒しちゃった

地震でケースごと倒してしまったそうです…

かなりの衝撃だったのでしょう

接着剤が完全に外れてしまっています


ベルの変形もひどいです
キイも曲がっております
ベル朝顔は、おそらく地震の影響では無いと思われますが…
ここはキイポストとの隙間が狭いので
ポストが当たって変形した模様

この集成管も接着剤で固定されてますが
完全に外れた状況でした
まずベルの整形
朝顔の整形
あとから見つかったキイカップの変形
そして、それの整形
キイ角度も変わってますので、該当する箇所はタンポの交換は必須です
凹みを直しました。
見つけにくい場所ですが、覗けばわかりますし
たぶん凹ませてるだろうなと見当はつけてます
本来あるべき状況に組み上げていきます
ベルの方も組み上げます
見積り段階で見落としてました💦
ネックの変形もありました
これは地震と関係ないと思われます。
ネックの凹みも整形しました。

我々の仕事は「犯人探し」や「真実追求」では無いので地震で倒したと言われれば、それはお気の毒でした、としか言えません。
真実は一つしかないとは思いますが、言及する立場にはありません。ただ状態を見ると、だいたいは想像はつきます。最後の一撃が地震だったのかもしれないですが、それ以前にやるべきことはあったのではないかと、思う次第です。

例え自分に大きな過失があったとしても、正直に伝えることは大切なのではないかと思いますね。
ともすれば、自分は悪くないと言いたいものですが、きちんと成熟するために正直であることは不可欠なのかもしれないですね。

このくらいの状態ですと、そこそこの金額がかかります。とりあえず何とかなる修理では対応できません。全く音が鳴らない状態でした。
0 コメント

撮影のこと

5年ほど前から演奏会や学習発表会、合唱コンクールなどの撮影をしています。
業界の大先輩が撮影の仕事をしておりまして、お手伝いも兼ねて私もカメラマンとして動いてます。

青春の1ページを映像に

小ロットからの撮影もご相談に応じています。

この時期は演奏会の撮影がほぼ毎週末ありまして、通常の修理業務のほかに撮影に出向いています。

家庭用ビデオカメラでは得られない高画質な映像です。

ご相談はこちらから→お問合せ

0 コメント