学校現場の打楽器は、どうにも手の施しようがないと感じられる状態になるまで修理コールがありません。下の写真のビブラフォンは製造終了してから相当時間が経過しているため、メーカーでの部品供給は終了しています。そういう場合、一般的な楽器店さんでは

「さあ新品売れるぞ!」と息巻いて見積りを作り、「先生!来年度の予算で買いましょう」

となるわけです。年度末近くなると「新年度から値上がりします」とか、「会社の決算だからセール価格で安くします」とかセールスしまくるわけですね。値上がりでのセールスは良心としても、決算だからってのは?しかありません。鍵盤打楽器まで在庫している小売店は国内でも片手指いるかどうかでしょうし、卸問屋でも在庫なんかあるはずもないです。

メーカーに在庫はあるでしょうから、売りさばくためにメーカーから依頼があるのを、あまり知識の無い営業担当が学校を餌食にするわけですね。

確かに新品が売れるに越したことはないですが、この程度の故障で入れ替え商談は早すぎのような気もします。今の時代、予算なんてないですから。

少し数学の知識(三平方の定理)や中学で習う技術科の知識があれば直せてしまいます。

ですので直しましょう。新品を買う50分の1以下で直せます。

「部品供給が終了したから直せない」

このように言われてもガッカリしないで私に相談してください。

きちんと使える、今まで以上に頑丈になる。そういう改造をこれまで数多くやってきました。

純正部品が非常に高価なのも、良く調べると専門の部品メーカーからネットで買えたりします。

私自身が四半世紀もへたくそながら打楽器を演奏していましたので、親身になって相談相手になると思いますよ。


キーボードマレットの糸巻き直しは、趣味です。

他の楽器修理で仕事をいただいた分のサービスとしてプレゼントしています。

本職ではありませんので。外注もできます。